読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男子栄養学生しみずもときのブログ

高知県立大学4回生 しみずもときのブログです。 愛知県豊橋市出身  高知県高知市在住  21歳の男子栄養学生です。

人前に立って話すシーンは何度経験しても緊張する

f:id:moto-takokimuchi:20170419135654j:image

こんにちは❗

高知県立大学4回生のしみずもときです。

僕は大学に入ってから2つの学生団体の代表を経験してきましたが、

いつまでたっても人前でしゃべるときは緊張します。大学時代しか知らない方は驚くと思いますが小学校の時はみんなの前に立つと何が話したいか分からなくなり黙り込んでしまうか、泣いてしまうような子でした。

そんなあがり症の僕がどのようにして、いま人前で話しているか、その工夫を紹介します。

 

 

 

 

1.練習する。

一番効果のある方法は練習これしかないと思います。

 

 「練習なんて誰でもしてるよ!」

「しても緊張するから困ってるんだろ!」

 

そんな声が聞こえてきそうです。

でもこちらからも言わせてください。

 

「その練習、頭を使ってますか?」

「回数重ねるだけの練習になってないですか?」

 

僕は発表の練習をするときは自分の声を録音して、可能なら動画でとって確認します。

自分では気づかないものですが、僕の声からは緊張している感じは伝わらないみたいです。これはすごくプラスな点です。だって本当はすごく緊張しているのにそれが伝わってないんですから(笑)

 

反対にマイナスな点は声の調子に抑揚が全くないところです。

自分で聞くとよくわかります。淡々とした声でしゃべるどう頑張っても眠くなってしまう先生の講義そっくりです。

 

そうして自分でチェックをした後、人に3回は聞いてもらわないと不安です。10分のプレゼンだったら10分×3回、なかなか毎回毎回そこまではできません。

でもやっぱり人に聞かれているというプレッシャーの中で練習することは本番の感覚を少しでも味わうことができるのでおすすめです。

 

 

 

2.文章化してみる。

「練習」する前に一度文章化してみる。という方法もおすすめです。

 画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内

具体的な例を挙げれば...僕は人に話したい!と思った出来事はなるべくfacebookに書き残してきました。

ブログを書き始めてから強く感じていますが文章を推敲する作業は自分の話したいことをまとめることにものすごく役に立ちます。

 

 

 (僕が文章をつくるとき)

今日は所属しているサークル「イケあい地域災害学生ボランティアセンター」のメンバーで集まって避難袋の啓発活動の方法を考える会議をした。

          ↓

4月19日。防災サークル「イケあい地域災害学生ボランティアセンター」のメンバーで集まって震災時の持ち出し袋の普及方法を考えるミーティングをした。

          

 4月19日(水)

防災サークル「イケあい」で震災時の持ち出し袋をどうしたら学生に広めることができるか集まって話し合った!

 

 

何度も何度も推敲を重ねると、「これ要らないな」という情報が見えてきます。

逆に「この情報があると相手はイメージしやすいな」という部分もわかってきます。

この方法は喋ることにも同じように当てはまるし、文章で練習→スピーチの手順でもとても役に立ちます。おすすめの方法です。

 

 

 

3.自分の言葉で話す。

最後の方法は...

自分の言葉で話す。結局これが一番強いような気がします。

 画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

 

本当に好きなこと。

強い思いをもって伝えたい事。

自分で思いついてじっくり考えたこと。

 

これらを話すときの方が他の内容よりもスラスラと話せることができるのが普通の人間です。

僕も防災についてだったらどれだけの人数が前に立っていようが話し続けることができる自信があります。

 

人前でしゃべることが苦手!と思って馬鹿正直に喋る練習ばかりするのではなく、視点を変えて自主性をもったインプットをしまくるのも有効な方法だと思います。

そのあとにアウトプットの練習をすればいいだけです。

 

 

まとめ

『話すことが苦手』の一番の克服は慣れです。

でも僕が「喋るの慣れてるから余裕でしょ!」と準備をせずに行ったときの発表は全部失敗してきました。

 

いつまでたっても、「緊張するなあ」「失敗するかもしれない」「人前に立つのが怖い」と思いながら、自分の能力幅を考えながら、僕はこれからも意見を伝えることができるように心掛けます。

 

あれ?自己完結してしまった...(笑)

 

今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

↓【twitterアカウントはこちらから】↓

https://twitter.com/mot_takokimuchi

 

↓自己紹介記事です ↓

moto-takokimuchi.hatenadiary.jp